2005年7月1日金曜日

リセット

最近、うちの会社では密かにアクアリウムが流行ろうとしている。(と思っているのは僕だけと、、?)

小さい頃から生物が大好きで、ザリガニやらフナを捕まえてきては、水槽に放り込んで飼っていた僕は、今も家に小さい水槽がある。もちろん魚も。
内容は、3匹から勝手に繁殖して50匹以上になったグッピー。
水槽が小さいので、まるで養殖場のようにウジャウジャ状態。
美しくない。癒されない。

前々からこの水槽をどうにかしなければと思っていた折に、今回のブーム(?)到来である。

よし今度は癒される水槽を目指すぞ~。とばかりにペットショップへ。

隣の女性客「わ~、グッピーってかわいい~。」
奥の親子連れ(子供)「メダカがほしい~!」


映画「ニモ」の効果もあり、最近は熱帯魚を飼う人も多くなった。
僕が、中学生の頃は熱帯魚なんて一部の愛好家しか飼っていないマニアックな世界だった。
もちろん需要が増えれば供給も増えて、今の大型ペットショップには必ずといっていいほど熱帯魚コーナーがある。魚種も増えた。

そんな中、僕の目にとまったのが「エビ」である。
その名も「クリスタルレッドシュリンプ」
体長2~3センチで、赤と白のしましま模様。南の海にいそうなくらいきれいなエビだが、淡水性ということだ。
詳しく聞くと、「ビーシュリンプ」という茶色と白のしましま模様のエビが突然変異して固定されたやつらしい。

これはいいかも。きれいだし癒されそう~w
うちの奥さんにも受けそうだし。
よし、これを買って帰ろう。


俺「あの~このエビっておいくらですか?」
店員「あ~それは、1980円です。」
俺「この中にいるやつ全部で?」
店員「いや、一匹の値段です。」
俺「・・・・・・・・。」


しばらくの呆然の後、帰宅。
そして、ダメもとでうちの奥さんに相談しました。
結果は、ご想像にお任せします。


無謀な稟議は通りません。

0 件のコメント:

コメントを投稿