2005年11月28日月曜日

インフルエンザ

先日、インフルエンザの予防接種に行ってきました。
もうすぐ、子供が生まれるのでインフルエンザ移すと危険ですからね。
しかし、久しぶりの予防接種。中学生以来かな、、、?
大の注射嫌いな私ですが、今回は逃れられないと腹を括りました。


問診表を書いてしばし待ち。
次第に早まる鼓動、、、。

先生「どうぞ~。」

緊張と不安の入り混じる中、ゆっくりと診察室に向かう。

オレ「よ、よろしくお願いしま、す、、、。」
先生「は~い。じゃぁ腕をめくって~。」
オレ「右ですか?左ですか?」
先生「どっちでもいいですよ~。」
オレ「ど、どっちでもって、、、」

変に細かい性格のワタクシには、右か左かの些細なことでも気になるのです。医療に関係する事ならなさら。

先生「じゃぁ、左腕だして!」
先生は面倒くさそう。ほんとにどっちでもいいみたいです。

「プチっ」「チューーーーー!!!!」
「イイイイイイイイ~~~っ!!」 

先生「はい、終わり。」
オレ「あ、あ、ありがとうございましたぁ」

こうして僕の予防接種は終わりました。


受付「3000円いただきますね~」
オレ「はい。ありがとうございました」(保険が利かないらしく、高かった)
受付「なにかあるといけないので、20分くらいそこで座っててください。」
オレ「何かって、なんですか?}
受付「稀にですが、目眩やひきつけを起こす方がいらっしゃいますので。」
そうですかぁといいながらも、結構ビビるオレ。

~20分経過~

受付「じゃぁ、2週間くらいしてからもう一度来てくださいね~」
オレ「えっ!?」
受付「ああ、もう一度お注射ありますので」


ひぇぇ~

今回の教訓
一難去って、また一難

0 件のコメント:

コメントを投稿