2009年7月6日月曜日

疲れた・・・

先日開催した、4月に結婚した会社の同期の結婚パーティー。
社内に現存する同期は、自分を含めて3人。
ここ数年、うちの会社ではかなりの率で、結婚した者の同期がこういった催しを行う。
いつから始まったか分からないが、一応映像を扱う会社なのでその催しには必ずといってよいくらい、同期が作るおめでとうVTRが上映されるのである。

今回結婚した同期は、3人の中でも一番コツコツ行くタイプで、速めに計画・実行する人である。(たぶん)しかし、それとは正反対にワタクシを含めた2人は、いわゆる「ケツに火がつかないと動けない」タイプ。
 なので、結婚からちょうど3ヶ月目のパーティー。どう考えてもタイミングをはずしてしまっている。
 結婚してすぐに、遅くとも1ヶ月以内が正しいタイミングではないだろうか?

 周りに「いつするの?」と聞かれる頻度が多くなり、ふとした心の隙間に「はやく開催しなければ・・・」という責任意識というものが芽生え、やっと重い腰を上げた次第、、、。(遅いわ)

 パーティーの日にちを決め、会場を押さえ、出欠を取り、VTRを作り、当日の段取りを決める。というのが、重い腰2人の課題。

結果からいうと、VTRがDVDに焼きあがったのが、パーティー当日のパーティー開始10分前
前日の夜11時くらいに、やっと撮影が終了。パソコンにデータを読み込み終えたのが3時。
睡魔に一人、また一人と飲み込まれていきます。
みんなそれぞれ担当物件を持っているので、間にマジ仕事をしながらです。常に時間に追われている感覚がします。

でも、多分こうなることは薄々分かっていた重い腰の2人。
ほぼ一人制作会社(なんでもできる)と化している先輩に協力を仰いでおいてよかった。
そしてこの強力な助っ人、仕事もそうですが実にうまいことやります。感謝感激です。(納期の近い物件を山のように抱えているのに、、、。)


では朝方睡魔に飲み込まれなければ、もっと早くあがっていたのか?



たぶん、ずっと起きてても結果は同じだったはず。だらけるから・・・。

 
 まぁ、こんな状態なので当日の段取りなんて、有って無いようなもの。
会場が知り合いのお店だったから無理をいえたようなもので、打ち合わせなしのぶっつけ本番といった感じ。
2次会は結婚した本人と奥さんも交えてこれまた知り合いの店に。さすがに深夜2時にもなると再び睡魔が襲ってきて、早々に解散となりましたが、まぁこれで責任は果たせたかと思っております。

そして泥のように就寝。



次の日。
子供はそんな事情は、知ったこちゃねぇ~とばかりに襲い掛かってきます。
強制的に7時起床。

あ~眠い。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿