2009年8月27日木曜日

最近のゲーム事情

新型PS3の発表で、何気にゲーム熱が上がりつつあります。そして何気にゲーマーなワタクシ・・・
さらに、PS3はたぶん買えない、、、、><;

そんな昨日の夜、会社の先輩の紹介でパソコンのゲームをやってみた。
カウンターストライクオンライン略してCSO。
基本料無料のオンラインFPS。(アイテム課金制)
あんまりゲームしない人は、いまいち分からないと思うので説明を。

オンラインゲームといのはインターネットを使って、世界中の(ソフトによっては地域が限られる)人と一緒に遊ぶことができるゲームのこと。つまり、昔のファミコンのように隣でBコントローラーを握らなくてもいいって事です。
 以前このジャンルは、インターネットに繋ぐことができるパソコンゲームの特権だったんですが、WiiやPS3、Xboxなど、最近のゲーム機ではもう当たり前の機能になっているようです。相手はプレステで自分はパソコンからというように、ハードウェアが違っても同じゲームに参加できるソフトもあります。
 そして、FPSというのはゲームのジャンルのこと。ファーストパーソンシューティングゲームの略だそうです。
ゲームの世界観はそれぞれですが、まぁ簡単に言うと戦争・撃ち合いゲームです。自分が一兵士になって、敵味方に分かれ勝敗を決する。マシンガンを撃ったり、手榴弾を投げ合って戦うのです。
 ゲームによっては血が出る表現があったり戦争やテロを助長するというので、年齢制限付のものもあります。たしかに子供にはよくないゲームですね。(大丈夫、子供が寝た後やってますから)
 基本料無料。アイテム課金制というのは、ゲームプログラムは無料でダウンロード。プレイも無料。でも便利な道具や強力な武器はお金を払わないと使えない使用です。うまいやり方ですね~。絶対ほしくなるようにできてやがる。
 でも、あくまで無料でやりとおします。これ系のゲームはそう決めてます。
強い武器が無くても腕でカバー。基本装備でもなれればそこそこやれる。

やってみると、結構おもしろい。本格的FPSとうたってますが、どちらかというとカジュアルな感じ。パソコンの推奨スペックも低いし、お手軽。最近実装されたらしいゾンビモードがなかなか新しい発想で面白い。
ゾンビモード
ランダムに誰か一人がゾンビに選ばれて、そのゾンビVS他の人で戦う。
ゾンビは格段に生命力があり結構撃たれてもなかなか死なない。そして人を倒すと、倒された人もゾンビになる。
 最初は1対29とかやけど、どんどんゾンビにされて最後はみんなゾンビに。ということになったりします。そうするとゾンビの勝ち。人間が勝つにはゾンビの殲滅かだれか一人でも制限時間を生き残ること。これが結構難しい。
しばらくやると飽きるけど、飽きれば人間同士の部屋に行って、またゾンビやって。かれこれ3時間ほど遊んで寝ました。

いままでやったFPSのなかでは結構優秀だと思う。FPS酔いもしなかったし。(画面が激しく移り変わるため、ゲームしながら車酔いのように気分が悪くなること)
でも個人的にはバトルフィールドシリーズが好き。広大なマップ、音楽の完成度、リコイルショックの表現、戦車に乗れたり、飛行機に乗れたり、狙撃マニアなワタクシには、やっぱりマップが広いというのは重要なのです。来月に1943のPC版が出るので密かに楽しみだったり。

結構オタクな記事になってしまったな・・・・。
夜な夜な友人とスカイプで通話し、「後ろ危ないぞ!」とかいいながらFPSやってたのは秘密です。
そして、嫁に気味悪がられたのも・・・
嫁:「誰としゃべっってんの!?」

そのくらいのオタク度です。(結構でしょ?)





最近のノートパソコンとかでも快適に動くと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿