2009年10月29日木曜日

仕事記録

先日会社のPro Tools HDをVer.7.4からVer.8.01に上げた。同時にOSも10.56に。

どうもデッキとの同期が不安定。
指定したタイムコードからちゃんとレコーディング開始してくれない時がある。 
Pro Toolsの再起動で直る場合が多い。

以前からのバグで、デッキにインサートRecする場合にも、指定タイムコードから3秒ほど送れてレコーディングスタートされる場合があったが、今回のバージョンアップでも改善せず。
これは、もう一度レコードボタンを押すだけで、正常な位置からレコーディングスタートしてくれるので、あまり気にはしていない。
あと、AUDIO SUITEでエフェクトかけるときに、試聴ボタン押しても1秒くらいしか再生してくれない。

もう一点気になることが。
スクラブすると、とっても重くなる。スクラブするごとにハードディスクがカリカリ。2,3秒ほど固まってからジョグが動き出す。これはかなりストレス。ソフトの再起動で元に戻るが、使っているうちにまた重くなってくる。

うちの場合、音データーのみを保存する外付けのスカジーハードディスクが2つあって、1つは番組用、もう一個はCM,VP用に分けて使っている。
どうも番組だけに発生するようなのでハードディスクを疑っているが、バージョンアップしたとたんになり始めたので、そんなタイミングってどうなんだろう?トラックによってはそうならないトラックもあるので、ますます不思議。

マック本体もOSをバージョンアップしたせいか、終了時、モニターが消えてからしばらく考えて本体が落ちているっぽい。USBメモリーを差した場合も、少し考える。用心深くなった感じ。セキュリティー面から少しOSの仕様がすこし変わっているのかもしれない。
OSが影響しているとすれば、消えつつあるスカジーインターフェイスがネックなのか?ATA系に変えたほうがいいのかなぁ・・・?

パテーション分けて残してあるOS10.49上のVer.7.4で立ち上げると、全て以前のまま動くので原因はやはりOS?ProToolsのVer?
もう少し、原因を切り分けて試してみる必要があるみたい。その後サポートに電話かな。
だれか詳しい人いないかな?


良くなったこと。
MIDI系が強化されているみたい。あまり仕事には関係ないので使っていない。
インターフェイスのカラーがダーク系のカラーになり、落ち着いたのが良い。目に優しいし、プロっぽいね。各フェーダーやボタンのグラフィックもカッコよくなった。
標準のプラグインが増えた。AIR系がお気に入り。

0 件のコメント:

コメントを投稿