2010年7月12日月曜日

神曲

菅野よう子さんの曲は昔から大好きですが、改めてその凄さを認識した。

どこかもの悲しい旋律が、美しくそして悲しいです。
菅野よう子さんは、他にも神曲多数ですが今日の1曲です。
映像の物語も、もの悲しいです。






激しく余韻が残る(?)でしょ?

0 件のコメント:

コメントを投稿