2011年1月13日木曜日

最悪な年末年始

2011年 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて、今回の年末年始は、いろいろトラブル続きで大変でした。

31日から1日にかけての高知の旅。川之江ジャンクションまで来て、雪で高速がストップ。
下道を果敢に行くも、積雪50cm。妹の車が途中で登らなくなり引き返すはめに。もちろん宿は当日キャンセル。キャンセル料金こえぇ~。

下道登山中、何台もスタックした他人の車を押して、風邪を引く。
ノーマルタイヤ、チェーン無しで雪道登れると思ってるのかなぁ・・・・?途中JAFのトラック2台とすれ違ったので、脱出不能になった人も多いのでは?

2日。
午前中仕事に出て、午後から嫁さんの実家(大阪)へ向かう。風邪は治る気配を見せない。
4日。
微熱を帯びながら、大阪を昼過ぎに出発。自宅へ。
ところが豊中付近で車の警告ランプが点灯。エンジンの警告ランプみたい。
下道に下りると消えたので再び高速へ乗るが、再び点灯。

西宮で降りてゆっくり最寄のスバルへ。

エアフロセンサーの不具合で燃焼室への空気の流入量が多いらしい。
最悪の場合、エンジンが破壊される。このまま走ることはオススメしないと言われた。
オマケに交換部品の在庫なし・・・・・。

次の日から仕事なので、このままビクビク走って帰るか、車を置いて帰るかの2択。

しばらく考えた結果、低速走行ならそんなにエンジンに負担をかけないだろうという素人判断で、三宮まで下道で行き、フェリーに乗ることにした。なんせ5歳と1歳の子供+大量の荷物を積んでいる。いまさら公共交通機関に乗る気力がない。

この間にも微熱は徐々に上昇。そして熱に昇格。しんどい・・・・・。

西宮のスバルを出たのが午後5時ごろ。次のフェリー午後8時15分発で到着は深夜0時30分だとか。ハァ・・・・。

エアコンで乾燥しきったフェリーに4時間揺られ、喉をやられる。

こんな年末年始、今年は大殺界最後の年です。

初詣行かねば!

0 件のコメント:

コメントを投稿