2011年3月1日火曜日

めんどくさがり

自他共に認める「めんどくさがり」のワタクシ。

でも時折思うのです。めんどくさがりも度を過ぎると効率アップに繋がるのではないか?

今朝のこと。最近よく見かける、イヤホンつけて携帯いじりながら自転車運転していた若い女性と、我が物顔で左右確認など全くせず、自転車で勢い良く角を曲がるおばちゃんが、正面衝突するのを見た。
その後、おばちゃんが「あんたが悪い」とわめき散らし、若い子は困った顔。一応警察呼んだら?と言ってその場を離れたが、その時ふと思った。
若い子は、携帯かイヤホンのどちらかを止めて運転していたら・・・。おばちゃんは少しスピードを落としていたらぶつからなかったはずだと。

こういう揉め事が一番面倒くさいと思うワタクシは、そんな面倒くさいことに巻き込まれないために、イヤホンも付けず、視界の悪い交差点や曲がり角では、スピードを落とし周りの確認を怠らない。勿論信号も守るよ。青になってから進む。フライングはしない。
車の事故なんてもっと面倒くさいので、交通ルールは守る。スピードも出さない。

別に真面目にルールを守ろうという気持ちからくる行動ではなく、すべては面倒くさいことに巻き込まれないためなのです。

仕事もそう。面倒くさいから適当にやってしまうと、修正がくる確率が上がる。5分の作業を面倒くさいからとやらなかったために、修正で2時間かかるなんてのも効率が悪い。だから仕事も丁寧にしようと心がける。(それでも修正は入ったりしますが、、、)


「面倒くさいとか言わずにやれよ!」と言われるのが面倒くさいからやる。ってことかな。


まぁ、ふと思っただけです。勝手な言い訳です。
面倒くさいと思わないのが正解なのは分かっておりますよ。はい。



オレ、面倒くさいやつだな、、、、。

0 件のコメント:

コメントを投稿