2011年12月7日水曜日

ラウドネスメーターって何?

先日、Yahooニュースで「ラウドネスメーター」なるものが取り上げられて以来、頻繁に「ラウドネスメーターって何?」と聞かれるので、こちらにまとめておく。
といっても専門的な難しい数値や規格は抜きにして、あくまでざっくりした内容です。専門家の人がみると怒られるかも・・・。


ラウドネスメーターを簡単に言うと、
人が音の大小を感じる感覚に近い音量感を表示するメーター(計測器)
のことです。
こう言うと、「今までのメーターだって音の大小を表示するんでしょ?何が違うの?」と思われるでしょうが、大事なのは、「人の感じる感覚に近い」という部分です。

人間は、音が小さくなるにつれて、高域成分と低域成分が聞き取りにくくなります。また、瞬発的な音より持続的な音のほうが大きく感じます。そして、大きな音の中の小さな音は聞き取りにくくなります。


~~~ちなにに、今まで音の現場でよく使われているメーターは代表的なもので3種類~~~

①VUメーター
針が触れるタイプのものが多く、今までは聴感上に最も近い振れ方をするとされていました。
Volume Unitの略で音量感を計測するメーターとされています。高音成分には鈍感な傾向があります。
アナログ方式で、実際に音声信号が入力されてから、300ms(0.3秒)後に針が触れます。そのため300ms継続しない音に対しては、実際よりかなり低く表示される仕組みです。
が、しかしこれにはちゃんと訳があって、人間の耳も突発的なピーク音が小さく聞こえる傾向にあるため、300msの遅れが聴感上に近い表示となり都合が良かったのです。

②ピークメーター
LEDや液晶で縦表示のものが多く見られます。少ないけど針が触れるタイプのものもあります。 名前の通り、信号の実際のピーク付近を表示します。突発的なピーク信号に対しても敏感に反応するめ、聴感上と、かけ離れた表示をします。高音成分に敏感な傾向があります。
ピークメーターはデジタル機器の発達同時に広まって行きました。というのもデジタル機器は、音声信号が0dbを超えた途端に破錠してしまいます。
経験した人は分かると思いますが、DVDをCDデッキに入れたときに出るあの「ビーー」というデジタルノイズみたいになります。
そのため、デジタル機器では音声の規定レベルを余裕を持たせて、-12dbとか-20dbとしました。ちなみにデジタル音声の民放の放送基準は-20dbです。NHKは-18dbです。

③SPLメーター
主にPAや騒音計測などに使われています。音圧を測るための計測器。
使ったことが無いのであまり良くわかりませんが、聞こえ方とか瞬間的なピークではなく、音源がだしているエネルギーそのものを測るメーターだと思います。(詳しくないので、定かではありませんが、、、、。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

じゃぁ、ラウドネスメーターは?

ラウドネスメーターは人間の音を感じる音量感にあうように様々なフィルターを通して表示しています。
つまり、「音がどのくらい小さくなれば、人間の耳にはこのくらい高域と低域が失われて聞こえるよ」という数値を算出して、規格化します。そしてそういう人間の耳シュミレーターみたいなフィルターを何枚か入れて人間の耳をシュミレートしているわけです。
ギター弾く人なら、アンプシュミレーターってあるでしょ?アレみたいなもんです。

その基準となるものが、[Rec.ITU-R BS1770-2]という測定アルゴリズムです。これは世界共通なので、どのラウドネスメーターを購入しても、同じ素材に対してラウドネスレベルは同じ表示になります。
日本やアメリカではVUメーター、ヨーロッパはquasiピークメーターを使用しており、また民放は-20db、NHKは-18db、と今までバラバラだった音声基準がこれで世界的に統一されることになります。


それではなんで、ラウドネスメーターというものが世に出てきたのか?


世界共通の放送音声基準を作りたかったというのもあるだろうけど、一番はやはりCMと番組の音量感の差を無くすことにあるんだと思います。

CMの音声というのは、「より目立つために音は大きのが正義だ!!」という風潮があるように思います。もちろん広告なので、視聴者の目に(耳に?)止まらなければ意味が無いわけなので、そうなるのもうなずけます。
幾つかの企業CMの音量が大きくなると、「他社のCMは大きいのに、うちのCMになると音が小さくなる」というクライアントからのクレームが出始め、音の大きいCMに合さなければいけなくなるという連鎖で今日に至ります。
昔CMの音が大きくなり始めた頃、ノウハウをあまり持っていないローカル制作会社は、「東京のCMはデカくて、なんでローカルになると音が小さくなるんだ!?」と思い、思われたものです。

VUは高域成分に鈍感なので、いわゆるカリカリの音にすれば音量を突っ込んでもVUは反応しにくいので、同じ0VUでもカリカリの音のほうが大きく聞こえるわけです。
元々PA業界で育った僕は、放送業界に入った時、
「リポーターがよく持っている63(SHUREのダイナミックマイク)は、なんであんなに音が硬いんだ?あんな音の悪いマイクがなんでスタンダードなんだ!?このマイク壊れてるのか??」
と思ったものですが、理由はそこにあったわけです。
音をある程度カリッとさせたら、コンプレッサーでダイナミクスを殺して音を詰め込むので、より音圧感が上がって大きく聞こえるようになります。大きなスピーカーで聞けば、やっぱりカリカリの硬くて金属的な音なんですが、テレビ(当時はまだまだブラウン管全盛期)のあの小さなスピーカーで聞けば、そんなこと気になりません。
まぁそういった訳で、CM音声はどんどん大きくなりました。(もちろんVUは0VUですよ)そしてその結果、視聴者はCMに入るたびにリモコンで音量を下げるのが日課になってしまったわけです。 
さらに!
そういう煩わしさを視聴者に強いるのはよろしくないので、地デジ化にともない各メーカーのテレビ自体がAGC(オートゲインコントロール)回路を持つようになってきました。
でもそれでは本末転倒で、意図した音が意図しない方向へ行ってしまう可能性が出てきたわけです。まぁもともと意図しない方向へ人為的に向かっていったわけですが、、、、。そういった幾つかの理由が重なってラウドネスメーターなるものが登場したんだと思います。


実際の運用はどうなるの?

実際来年の10月から試験運用期間に入るわけですが、納品時の音声レベルは3つの要素の範囲内で制作しなければいけなくなります。

①平均ラウドネス値(単位はLKFS)
民放連が決めたラウドネス基準値というのは、納品素材トータル尺での平均ラウドネスレベルが


-24LKFS ±1(上下1KLFSって意味です)

で、意図的にそれよりも小さくするのはいいが、それでもレベルジャンプを起こさないように-28LKFSまででなんとかやってね。って事。

 15秒のCMなら15秒トータルの平均ラウドネス値が-24LKFS±1、1時間の番組なら、1時間の平均レベルが、-24LKFS±1にならないといけない。
 ラウドネスメーターは全て平均値で表示されれ、測定モードはLongTerm,ShortTerm,Momentalyと主に3つあります。
 15秒CMを例にとると、LongTermモードでは15秒の平均値。ShortTermモードでは任意の時間(1秒とか5秒とか)の平均値、Momentalyモードでは、ほぼリアルタイム(400msごと)の測定値を表示します。


②ピーク値
ピーク値をトゥルーピーク値(TP)で測定し、その値を-1dbTP以内に収める。サンプルピーク値でもよいが、その場合は-3dbFSを上限とする。

③ダイナミックレンジ(最小音と最大音の差)
とくに指標となるべき数値や計測方法はないが、VUメーターを併用して、適切な調整をする。



明確に納品テープと共に記述しなければいけないのは、平均ラウドネス値だけだと思われますが、VUの基準がなくなるのかどうかは、よくわかりません。そこら辺は試験期間で様子をみるんでしょうか・・・?



まとめ

今回話題になっているラウドネス値というのは、あくまで納品時だけの話ですので、収録時は生放送や撮って出しのものでない限り、余り気にしなくてもよさそうです。つまり、いままでの0VUを目安に、クリップしないように収録すればいいと思います。
 なので、VUメーターもピークメータも今までと変わらず、重要なメーターとして存続すると思われます。
 ちなみに、以前デモでラウドネスメーターを借りた時の経験や、マスター(番組やCMを最終的に電波に乗せる所)勤務の方の意見を聞くと、今流れているCMは、VUで-4db~-6dbあたりが、ラウドネスメーターの-24KLFS付近になるとのこと。

 MA時は、ラウドネスメーターの-24という数字を気にしつつMIXしなければならなくなります。慣れてくれば、メーター見なくても-24に近づくらしいけど、ほんとかな・・・?

  一番困るのは制作者サイドで、ラウドネスメーターという決して安くない物を購入しなければいけない上に、良いか悪いか今まで培ってきたノウハウがリセットされ、新しい基準でのノウハウを身につけていかなければいけないわけです。
 生放送モノの対処やら、罰則基準はまだ不確定な部分が多く、たぶん試験期間を経て運用しながらいろいろ決まってくるんではないでしょうか?


文章が長くなって、結局わかりにくくなってしまったかも・・・・。

1 件のコメント:

  1. ごじらっぱ2012年8月8日 23:15

    わかりやすい説明をありがとうございます。広告代理店の担当者に説明する際の資料にさせていただきます。

    返信削除