2012年3月11日日曜日

あれから1年。

今日で東日本大震災から1年。
たまたま午後2時46分は、写真の接写をしておりそこに居た全員で黙祷。

そして先程出張から帰宅したら、机の上に息子からのメッセージが置いてありました。
こういうのが親として一番嬉しい。

ですが、こんなメッセージを二度と見れなくなった親や、書けなくなった子供たちが居ると思うと複雑な気持ちになります。

あれから1年。もう1年なのか、まだ1年なのか。そしてこの1年で日本はどう変わったのか。
各局が中継でやっている特番の映像を見るに、震災後1ヶ月ほどして、被災地へ取材に行かせていただいた時と、あまり景色は変わっていないように見えます。

しかし、問題はまだまだたくさんあるが、どうにか前向きに進もうとしている人たちもたくさん居ると思います。


仏教では諸行無常(変化しないものはない)というけれど、その変化が良いものであるか、悪いものであるかは分かりません。ただ、良い悪いを合わせてみたら、少しでも良い方向へ向かっていてほしいと思うのが、今の気持ちです。



0 件のコメント:

コメントを投稿