2010年1月31日日曜日

結局

プリンター買いました。
キャノンのプリンターはヘッドが単体で取り外せる構造になっていて、ヘッドを外してお湯に浸してアルコール洗浄をしてみましたが復活せず。マゼンダは薄いまま。
使用頻度も考えれば、まぁ寿命だろうということで購入にいたった訳です。

ここで豆知識。
プリンターは、機械的に壊れなくても寿命は必ず来ます。
うちのプリンターは10年故障なしで使ってますって言う人もいます。
方や、一年で終了しました。という方もいらっしゃいます。
両者の違いは、なんでしょうか?

プリンターヘッドには余分なインクを吸収する場所があります。主にはヘッドクリーニングなどで使われるインクです。そして、その吸収するところが満杯になったらどうなるでしょうか?
インクの逃げ場がなくなり、色がにじんだり詰まったりします。つまり寿命です。
こうなればヘッド交換しか道はありません。

要するにプリンターは使えば使うほど寿命が短くなります。耐久年数じゃなくて耐久枚数なのです。
うちの場合、一般家庭に比べて明らかに使用頻度が高いので3年はもったほうなのかもしれません。
年間にすると、写真をA4で3000枚ほど刷っています。

修理に出せばヘッドを交換して帰ってきますが、修理代はおよそ1万円。新品買っても1万円。
だったら買おうと思ったわけです。

ヘッドのパーツ供給がなくなったのでキャノンにする理由はなくなったわけですが、エプソンのあの醜いインク詰まりが脳裏をよぎります。最近の機種は改善されているかもとカタログを見ても、特にインクの目詰まりの事には一言も触れていないので不安です。その点、キャノンは3年間で一度も目詰まりしたことはありませんでした。

結局、一枚あたりの印刷コストとスピード、イラチな正確な自分を考えるとやっぱりキャノンになりました。しかも今度はスキャナー付きの複合機。さらに無線接続で複数のPCからワイヤレスLAN経由で印刷、スキャニングが出来る優れものです。値段は1万は超えましたが、それでも1万7千円ほど。
さらに、うちの使用頻度から考えて長くて3年しかもたないので、5年間保障が受けられるデオデオで購入しました。(これはある筋の方からのアドバイスです。ありがとうございます。)
これで、3年で壊れても大丈夫。

ここで豆知識2。
最近プリンターメーカーは、ハードを安く提供してインクで稼ぐ方向です。
携帯がタダの時代のやり方です。なので最新機種の適合インクは量が非常に少なくなってます。
印刷頻度の多い我が家にとっては最悪の事態なのです。
この点はキャノンもエプソンも同じ。
印刷技術の進歩で、昔よりは少ないインクで効率よく印刷できるようにはなっているみたいですが、それでもやっぱり印刷コストは高くなっています。

参考までに今回買った機種の適合インクと、つい最近まで使っていた機種の適合インクです。

量が3分の2ほどになっています。
まぁどの道そういうことになるんでしょうから仕方の無いことですが、買い替えの方はそのあたりを吟味されるほうがよいと思います。

我が家からスキャナーがなくり、卓上スペースが広がったことと、ワイヤレスでどのPCからも印刷できるという便利さが加わりましたが、今後の印刷コストに頭を悩ませ中です。

いや、でも、ワイヤレスは一度やるとやめられない、、、。
ものっそ便利でございます。


2010年1月26日火曜日

そうなの!?

最近、うちのプリンターがどうもおかしい。
印刷物の色が変なのだ。マゼンダが薄い。
目詰まりパターン印刷してみるが、目詰まりはしてないみたい。どこも欠けずに印刷できている。こすれもない。マゼンダは薄い気もするが、、、。

ヘッドが怪しい気がする。約3年ほど使っていると思うがそろそろ寿命なのか?
エプソンの目詰まりに悩まされ続けて買ったキャノン。前はヘッドもパーツとして販売していて、簡単に交換できていた。メーカーも消耗品と考えていたのだろう。

ところが

久々にホームページ見てみると、ヘッドの販売は終了したとの事。
ヘッド変えたけど直らなかったので返品できないか?みたいなクレームが多かったんだと思われる。

非常に残念。ヘッド交換できるから買ったようなものなのに、、、。
もう少し自分で修理してみて無理なら買うしかないか。

1万円くらいで買って、3年の寿命。高いか安いかは個人の価値観だけど、一般家庭よりは格段に印刷頻度が多い我が家なので、まぁそんなもんなのかもしれない。

2010年1月20日水曜日

物申します

昨日とある雑誌でのコラムにちょっと物申します。

内容は、
ハイブリッドカーが静か過ぎて、車の接近に気づかず事故になるケースが増えていることに対して、

ハイブリッドカーの低速走行時に、擬似的なエンジン音のような音が出る装置をメーカーに義務付ける


という国土交通省の発表があった。
 それに関する意見なのだが、せっかく静かになったのに音を擬似的に付けるのはどうか?だったら人を感知してクラクションを鳴らすとか、光でしらせたらどうか?歩行者のマナーはいかがなものか?擬似音はあまりにもナンセンス。もっと考えろよ国土交通省といった内容。


まぁ確かにせっかく静かになったのだから、わざわざ音をつけなくてもいいだろうにというのはよく分かります。たしかにナンセンス。でもなんかこう車至上主義っぽくて、その意見には賛同できない。


人を感知してクラクションや光を出す装置なんか付けるとしよう。どうなる?
 歩行者や自転車とすれ違う狭い道などではお互い認識していても、クラクションが鳴ったりライトが点灯する。一台ならまだしも、車はいっぱいあるのだから町中クラクションとライトの嵐になるのは目に見えている。
 認識感度を調整したってうまくいくとは思えない。感度を下げれば結局ないのも同じになるし、上げれば感知しまくる。
 目視できない状況で接近する場合も多々あると思われる。壁の向こうの人間をどうやって感知するのか?温度?X線?
 
 つまり人間を感知してなにかしらの反応を出すと言うのはかなり大変でコストもかかる。例えそういう装置が出来て、ハイブリッドカーに義務付けたら車体価格はさらに上がり、環境のためのハイブリッドカー促進を妨げてしまうのではないか?
 そういった意味でも、早急な対応をと言う意味でも、車側から音を出すというのが妥当と思われる。走行音というのが、歩行者側には潜在的に車と判断できるからだ。
 
 事故の犠牲となるのは、なにもマナーの悪い歩行者だけではなく、高齢者や子供たちがほとんだと思われる。もう少し歩行者の立場になってもらいたい。
ナンセンスでかっこ悪くても、事故を起こすよりはいいと思うのだが、、、、。


どう思います?





2010年1月12日火曜日

争いの根源

持つものに持たざるものの思いは分からず 持たざる者は持つ者をねたむ