2009年8月29日土曜日

まじめに世の中を考えてみる

結婚して子供も2人生まれて、この年になってくると、そろそろまじめに世の中のことを考えてみようという気になる。
今回の選挙、自民党or民主党になるのは目に見えている。
他党にもそれなりの公約があるが大きく見れば、自民VS民主。
ほんの数年前まで、自民党?民主党?どっちがどっち?小泉さんは?みたいな感じでした。若い人はそういう感じの人も多いように思われる。まぁ社会人になっても独身で実家暮らしならあまり政治に感心が行かないもの分かる気がする。自分自身そうでしたから。政治に対してあまり良い印象がないのも原因。悪い政治家がどうしても目立つからね。

さて今回の選挙、世の中の流れは、完全に政権交代。民主党だと思います。なにか新しくなって良くなる気がするから。僕自身もそういう期待感はあったりします。では、本当に良くなるんだろうか?
ワタクシの勤務している会社は自民党派なため、今までは何も分からず自民党に入れていました(そういう人は多いと思う)が、本当にそれでいいのか?

自分の人生、守りに入ったんだろうか?なんだか日本の将来が不安だ。
今回、恥ずかしながら生まれてまじめて自民、民主のマニフェストを読ませていただいた。生まれて初めてです。

本当によい政党はどちらなのか!?
別に、会社が自民党派だからといって自民の肩を持つつもりはありません。
一国民として、公平な感覚で両党を見てみた。自分がいいと思うほうに入れるつもりです。


最近の自民党のふがいなさには、正直不安なところもありますが、民主のマニフェストの適当さもとっても不安です。あきらかに自民党のマニフェストのほうが現実性があるように思えてなりません。ワタクシだけかなぁ?
高速道路はほんとに無料にするんだろうか?子供手当て一人2万6千円。我が家なら5万2千円も月々15歳になるまで、もらえるんだろうか? 家が一軒建ちそうな額になりそうだ。それをみんなの税金から、、、。
じゃぁ税金はかなり上がる?

いろいろネットを徘徊してたら、おもしろい動画を発見。民主党の正体で検索したら出てきます。

すべてが真実ではないと思いますが、なんとなく各政党の裏にある支持団体が分かってきました。
一度民主に取らせて見ればとも思いましたが、ちょっと民主党が政権をとると恐い気もします。

2009年8月28日金曜日

猛威

新型インフルが、こっそり近づいてきている。
にしては、前ほど報道されないなぁ。
選挙近いからなんだろう。

感染した人が近く人に移して、さらにその人が近くの人に、、、。
なんだか昨日のゲームのゾンビモードだな。

2009年8月27日木曜日

最近のゲーム事情

新型PS3の発表で、何気にゲーム熱が上がりつつあります。そして何気にゲーマーなワタクシ・・・
さらに、PS3はたぶん買えない、、、、><;

そんな昨日の夜、会社の先輩の紹介でパソコンのゲームをやってみた。
カウンターストライクオンライン略してCSO。
基本料無料のオンラインFPS。(アイテム課金制)
あんまりゲームしない人は、いまいち分からないと思うので説明を。

オンラインゲームといのはインターネットを使って、世界中の(ソフトによっては地域が限られる)人と一緒に遊ぶことができるゲームのこと。つまり、昔のファミコンのように隣でBコントローラーを握らなくてもいいって事です。
 以前このジャンルは、インターネットに繋ぐことができるパソコンゲームの特権だったんですが、WiiやPS3、Xboxなど、最近のゲーム機ではもう当たり前の機能になっているようです。相手はプレステで自分はパソコンからというように、ハードウェアが違っても同じゲームに参加できるソフトもあります。
 そして、FPSというのはゲームのジャンルのこと。ファーストパーソンシューティングゲームの略だそうです。
ゲームの世界観はそれぞれですが、まぁ簡単に言うと戦争・撃ち合いゲームです。自分が一兵士になって、敵味方に分かれ勝敗を決する。マシンガンを撃ったり、手榴弾を投げ合って戦うのです。
 ゲームによっては血が出る表現があったり戦争やテロを助長するというので、年齢制限付のものもあります。たしかに子供にはよくないゲームですね。(大丈夫、子供が寝た後やってますから)
 基本料無料。アイテム課金制というのは、ゲームプログラムは無料でダウンロード。プレイも無料。でも便利な道具や強力な武器はお金を払わないと使えない使用です。うまいやり方ですね~。絶対ほしくなるようにできてやがる。
 でも、あくまで無料でやりとおします。これ系のゲームはそう決めてます。
強い武器が無くても腕でカバー。基本装備でもなれればそこそこやれる。

やってみると、結構おもしろい。本格的FPSとうたってますが、どちらかというとカジュアルな感じ。パソコンの推奨スペックも低いし、お手軽。最近実装されたらしいゾンビモードがなかなか新しい発想で面白い。
ゾンビモード
ランダムに誰か一人がゾンビに選ばれて、そのゾンビVS他の人で戦う。
ゾンビは格段に生命力があり結構撃たれてもなかなか死なない。そして人を倒すと、倒された人もゾンビになる。
 最初は1対29とかやけど、どんどんゾンビにされて最後はみんなゾンビに。ということになったりします。そうするとゾンビの勝ち。人間が勝つにはゾンビの殲滅かだれか一人でも制限時間を生き残ること。これが結構難しい。
しばらくやると飽きるけど、飽きれば人間同士の部屋に行って、またゾンビやって。かれこれ3時間ほど遊んで寝ました。

いままでやったFPSのなかでは結構優秀だと思う。FPS酔いもしなかったし。(画面が激しく移り変わるため、ゲームしながら車酔いのように気分が悪くなること)
でも個人的にはバトルフィールドシリーズが好き。広大なマップ、音楽の完成度、リコイルショックの表現、戦車に乗れたり、飛行機に乗れたり、狙撃マニアなワタクシには、やっぱりマップが広いというのは重要なのです。来月に1943のPC版が出るので密かに楽しみだったり。

結構オタクな記事になってしまったな・・・・。
夜な夜な友人とスカイプで通話し、「後ろ危ないぞ!」とかいいながらFPSやってたのは秘密です。
そして、嫁に気味悪がられたのも・・・
嫁:「誰としゃべっってんの!?」

そのくらいのオタク度です。(結構でしょ?)





最近のノートパソコンとかでも快適に動くと思う。

2009年8月25日火曜日

涼しい~

急に涼しくなってきた。
エルニーニョの影響だとか。

川遊びまだ行ってないのに、、、、。
このまま秋になるんだろうか?

選挙終わったらぐっすり眠れるようになるかなぁ。

2009年8月21日金曜日

新型PS3


プレステ3が3万円を切る値段で、来月発売される~。

どうしよう~~

2009年8月19日水曜日

妙に納得

お盆のお話パート2
先日、霊感の強い知人になにげなく
お盆ってやっぱり先祖の霊が帰ってくるの?
と冗談半分に問いかけたところ、
うん。やっぱりお盆の時期は多いよ。」と・・・

それを聞いたあまのじゃくなワタクシは
盆にお墓参りに行ったり、お経をよんだりって、帰ってきた先祖の霊には効果ある?お盆とか、お経とか、生きている人間が作った都合のよいものではないの?
と聞いたところ、妙に納得できる答えがすぐに返ってきた。

いいえ。今は死んでしまった人でも、生きていた頃、お盆の風習やお経を読んで来たので、そういう儀式や行為の意味を知っているし、そうされることで自分たちのことを思ってくれていると理解する。だから、死者にとってお経の内容や線香を炊くことが重要ではなく、お経を読んでくれたり、線香に火をつけたりする行為そのものが大切。死者も生きている人と同じ。思いの寄るところに集まる。」と

なるほどね~。納得
だから、いろいろ宗教があって作法も唱える言葉も違うけど、それで成り立つだなぁ。
生前、仏教に慣れている人は仏教で、キリスト教の人はキリスト教で。

すごく筋の通った説明で、妙に納得したので記録します。

2009年8月17日月曜日

エコ?電気スタンド改造

久々の休みを利用して、前々から考案していたものを工作。
5年以上使っている電気スタンド(無印)が白熱球で、毎年この季節になると暑い。
(コレがその電気スタンド)

そこで、電球型の蛍光灯に球変えしてみようと思い、一番細いタイプのを購入。

が入らず、、、。高かったのに、、、、。

いろいろ考え、ホームセンターを物色して思いついたのが、横長方の普通の蛍光灯タイプに先を付け替えること。アームの部分は特に問題もなく、気に入ってたので電球部分だけかえたらええやん!という安易な思いつきではあるんですが、、。

蛍光灯を付けるフレームは、工作しやすい木製で。
どうせなら見た目のいいのがいい。
はじめは少しオレンジ色っぽいマホガニーがいいと思って、ネットで銘木店を徘徊していたところ、ヤフオクにてハカランダの角材を発見!

説明しよう
<ハカランダ>
別名ブラジリアン・ローズウッド。マメ科の仲間で、ブラジルだけにしかみられず、中でもバイーア州の東の森からリオデジャネイロ市までである。ブラジリアン・ローズウッドのほとんどの生息地は農地に替えられてきているので、生息地の喪失の危機が迫っている。ブラジリアン・ローズウッドは絶滅の危機に瀕しているので、ワシントン条約(CITES)に指定され、取引することは違法。ギターの横板、裏板としては軽くて非常に硬いため音がよく、最高級材。そしてハカランダ単板を使ったモデルは非常に高価。

そう、アコギ好きにとっては夢の木材。
サイズも蛍光管とちょうど同じくらいで、うまく合いそう。
やはりこのサイズの角材にしては少し高いけど、もう輸入できない木で、今国内にある量しかないのです。

だったら、、、、。

ポチッっとな。
それがこれ
とても色が濃く、密度の高そうな木です。
適当な長さに切って、表面をサンダーで磨いて、オレンジオイルを塗って。。。

で、出来たのがコレ

ジャ~ン。

はい。やっぱり元のほうがデザイン的にカッコイイな、、、、。
思いどおりのものは出来たし、暑くなくなったし、明るくなったし、プリント用紙の表裏もすぐわかるようになった。

でもねぇ。

やっぱ前の方がバランスいいな。
まぁ、しばらくこれでいいや。








2009年8月16日日曜日

おりん

やっと休み。
とりあえず盆なので、仏壇に線香を添える。

いつもこのとき思うが、仏具ってよく出来ている。
ろうそくに火をつけ、線香を炊き、おりんを鳴らして拝む。
このときのおりんの音がなんともいえない。別世界に連れて行かれそうになる。

おりんを鳴らして、目を閉じ、背筋を伸ばして、南無阿弥陀仏を唱え(我が家は浄土真宗大谷派)目を開ける頃には、室内の空気の流れが安定して線香の煙が一直線に天に向かう。
なんとも、こう神秘的な気持ちにさせてくれる。

こういった仏具は、宗教的な死後の世界とのつながりを思い起こさせるように作られているのかもしれない。
おりんで聴覚を刺激し、線香で視覚と臭覚、また手を合わせたり背筋を伸ばすことで触覚と、味覚はないにしても、人の五感をうまく刺激できるように考えられていると、僕は勝手に思っている。

仏教建築や仏像に興味はあっても、信仰心はあまりない。だけど、ご先祖様は実際に存在した人だし、ご先祖様無しに自分の存在は無いのだから、儀式的でも、ご先祖を思うこういった機会は大切にしたいと思う。

2009年8月13日木曜日

叩いてきた。

昨日、「ドラムストラック」公演に行ってきました。
http://hpot.jp/drumstruck/
会場に入ると、各座席にミニジャンベ(アフリカの太鼓)が置かれてあり、まさに叩き通しの2時間。
人類最初の音楽は、叩くことから始まったということに納得。
リズムだけで十分2時間盛り上がれる。

一緒に行ったうちの親父は、病み上がり(公演当日午前中に退院)にもかかわらず大盛り上がり。
家族連れも多く、子供も十分楽しめると思います。ほとんどリズムが鳴りっぱなしなので、グズっても大丈夫。

2009年8月12日水曜日

またやってもうた・・・

発売日が分かるように表紙に書いてくれないかなぁ、、、。

ハッ!
漫画書籍業界の罠かもっ!

2009年8月6日木曜日

流行??


最近うちの奥さんはペーパークラフトにどっぷりと浸かっております。
日を追うごとに完成度が増し、作る物もどんどん複雑化&巨大化。
なんでもA4用紙50枚使う作品もあるそうな・・・・。

ちなみにコレは「アパトサウルス」全長50cmほどあります。
息子のリクエスト。
 
 この前ガンダムをリクエストしたところ、完成型が想像つかないらしく、どう折っていいか分からないと言われました。なので、いびつな形で製作を放棄されたモビルスーツが一体ありますが、息子は気に入っているようで毎日置いてある場所が変わっています。(持ち歩いている模様)

2009年8月3日月曜日

夢のマシン


ついに我が家に夢のマシンがやってきた。
「誕生日何が欲しい?」との嫁の問いかけに
インパクトドリルと迷わず答えた2009年。
「何それ?」と言われながらもついにGETです。

誕生日は6月でしたが、なかなか購入する機会がなく先延ばしになってましたが、先日ホームセンターで残り1台特価予備バッテリー付¥8.800-となってたので、おもわず飛びつきました。(この値段、ぜったい破格だと思います)
もっと小型軽量でハイパワー・高性能な国産モデルも多々ありますが、たま~にしか使わないワタクシにとってはこれで十分。Black&Deckerっていうアメリカのメーカーです。世界最大の工具メーカーって自社のページには書いてあります。 
 国産のやつってなんかグニョグニョした感じのデザインが多い(抽象的でスミマセン)ですが、このなんというかストレートなアメリカンデザインがまた僕好みだったりします。耐久性は国産なんでしょうけどね。
 そして先日このマシンを初稼動させてみたところ、そりゃもうなんていうんでしょうか、感動です。圧倒的なパワーとスピード。木ねじの締め込みなんか、後半のあの腕のだるさが嘘のようです。まるで発泡スチロールにねじ込んでいるような感じ。思わず「ウヒッ!」と喜びの声を上げてしまい、嫁さんに白い目で見られてしまいました。
いやぁ~もっとネジ締めたい!穴あけたい!一気にDIY熱が上がってきました。 
これでカーテンレール付けるのも腕がだるくならないぞっ!(もう付ける所ないですが、、)