2012年3月19日月曜日

注水から約一ヶ月

先月の17日に注水して、約一ヶ月が経ちました。
一面茶苔に覆われつつもオトシンクルスとミナミヌマエビ軍団によって綺麗さっぱりです。 ただ、茶苔がなくなったと思ったのもつかの間、今度は緑色の粒々した苔に覆われはじめました。
 この苔は活着力が強いらしくオトシンもミナミもあまり役に立ってくれません。石やガラス面にビッシリ生えております。

そこで貝類を投入することにしました。

いつものチャームさんでカラーサザエ石巻貝を6匹。イナズマカノコガイを2匹。ベッコウフネアマガイを1匹を発注。 

 前面にびっしり生えた苔は見た目が悪いので貝たちの到着を待たずにスクレーパーでこすり落としました。 これ、水槽内に苔が漂うことになるので、あまりやりたくないんです。

細かく散乱した苔はフィルターが吸い込みフィルター内で繁殖するんだろうか??
それともフィルター内は光合成できないから徐々に弱って無くなるんだろうか??

一応こすり落としたあとはいつもの四分の一の換水を行いました。 いろいろ調べてみましたが、画期的な方法を見つけるには至りませんでした。みんなどうしてるんだろう、、?

  最近は三日に一度の換水をしています。
オーストラリアンチドメは順調に増えてボール状になったので一旦バラバラにしてソイルに植えました。ミナミに抜かれまくってます。
ヘアーグラスは成長していますが、バラすにはもう少しといったところ。ウィローモスも伸びてはトリミングを繰り返しています。この方が浮きにくく活着させやすいそうです。新芽の展開も施す模様。
ミクロソリウムの葉っぱの先ちょからは根らしきものが生えて来て子株が出来つつあります。 
ただ、 ボルビディスは一行に変化無しです。葉っぱをすべて切り落とした時のまま時間が止まっているようです。だいじょうぶなのかな???茎はまだ緑色のままなので腐ってはないようですが、、、。 
キューバパールも増えているのかどうかよく分かりません。そしてやっぱり頻繁に抜かれます。もう差し戻しは挫折しました。
ミズハコベはゆっくりですが成長しております。 

当分これでいじらずに経過をみようと思っています。というか疲れました。苔は貝たちに任せます。 水質はというと、亜硝酸塩、硝酸塩は無くなった模様ですが、相変わらずphが低い。たぶん6.2くらい。いつまでこのままなんだろうか??
生体には影響ないみたいですが、このままでも良いんでしょうか??ph調整剤入れた方がいいのかな??

2012年3月12日月曜日

注水から20日目

ミナミ軍団によって、苔はすべてなくなりました。すごい!!

年度末で急に忙しくなり、写真撮る暇がなくて・・・・。


亜硝酸塩もすっかりなくなり、水質は落ち着いているようです。2~3日に4分の1の水換えに切り替えました。PHはまだ低いです。
しかし、キューバパールを抜かれないようにミナミヌマエビにしたのに、3センチ近くに成長したビッグなミナミは力強くキューバを抜きやがります。毎日抜かれたキューバパールを地道に植え直す作業が続きます。
そろそろ餌を入れてやったほうが良いのかな?

ちなみに、エビの☆もほとんどなく、オトシン3匹も元気です。

今のところ、秒間2~3滴のCO2添加、8時間の照明(18w×4)、照明が消えている時のエアレーショングリーンブライティーSTEP1を2日に1度3プッシュ。ブライティーKを1日に2プッシュほど。といったところ。


ブラックホール3袋入りのサブフィルターの2211はまだ稼働中だが、水の黄ばみが取れない。ブラックホールの交換が必要??


キューバパールは成長しているのか、していないのか分からないほど。ヘアーグラスボールとオーストラリアンノチドメボールは順調に成長している。テネルスもどんどんランナーを伸ばして増えている。
ウィローモスも伸びてきた。
丸刈りしたボルビは全く変化なし。大丈夫なのか・・・??ミクロソリウムも変化がみられない。
クリプトは少しずつ成長しているみたい。新芽が出てきた。


落ち着いたら写真とらねば、、、。

2012年3月11日日曜日

あれから1年。

今日で東日本大震災から1年。
たまたま午後2時46分は、写真の接写をしておりそこに居た全員で黙祷。

そして先程出張から帰宅したら、机の上に息子からのメッセージが置いてありました。
こういうのが親として一番嬉しい。

ですが、こんなメッセージを二度と見れなくなった親や、書けなくなった子供たちが居ると思うと複雑な気持ちになります。

あれから1年。もう1年なのか、まだ1年なのか。そしてこの1年で日本はどう変わったのか。
各局が中継でやっている特番の映像を見るに、震災後1ヶ月ほどして、被災地へ取材に行かせていただいた時と、あまり景色は変わっていないように見えます。

しかし、問題はまだまだたくさんあるが、どうにか前向きに進もうとしている人たちもたくさん居ると思います。


仏教では諸行無常(変化しないものはない)というけれど、その変化が良いものであるか、悪いものであるかは分かりません。ただ、良い悪いを合わせてみたら、少しでも良い方向へ向かっていてほしいと思うのが、今の気持ちです。



2012年3月8日木曜日

注水から17日目

昨晩残りのミナミ軍団を投入した。地面がワラワラしている。
苔をどんどん食っておくれ~。
明日から、昔使っていて大量に残っているグリーンブライティーSTEP1を添加してみる。同じく残っていたブライティKも同時に添加開始。もう7年ほど前のものだけど大丈夫かな??

2012年3月6日火曜日

15・16日目

注水から15日目の朝

昨晩のバイコム78の力ではおそらく無いでしょうが、亜硝酸塩濃度が明らかに下がった。やっとキター!!
この調子で行けば、あと1,2日でムフフな状態になるはず!

しかし茶ゴケの成長はもの凄い。水替えは一応毎日4分の1程度を続けてみる。少し照明の点灯時間を少なくしたほうが良いのかな?
キューバパールは茶ゴケまみれで調子悪いし、クリプトは溶け始めるし。ボルビディスの葉は黒ずむし、ミズハコベも葉っぱがカールして溶け始めた・・・。水草のことを考えたらなかなか照明時間減らせない・・・。

ボルビディスは一旦丸坊主にしたほうが新芽が出やすいと聞いたが、ほんとに全部切っても生えてくるんだろうか?葉っぱないと光合成できないんじゃないの?
と遠慮がちに黒ずんだ部分だけをカットしてたけど、途中で「ええいっ!面倒だ!」ってなって、結局丸坊主にした。
クリプトは溶けても生えてきたのを昔経験したので、そんなに心配はしていない。

ちなみに3匹投入したオトシン軍団は元気にクリプトの葉に生えたコケをかじっている。やっぱり生え始めが美味しいのか、綺麗になったところばかりを何度もカジカジ。もっとコケまみれのところをかじって欲しいのだが・・・。
20匹投入したミナミヌマエビは、現在確認できるので2匹だけ。ううっ・・・。




注水から16日目

もうほとんど亜硝酸塩はなくなった!! しかし相変わらず茶ゴケが猛威を奮っている。
ピンセットでちまちま茶ゴケ除去して、4分の1の換。
そしてバケツで飼育中のミナミヌマエビを10匹ほど投入。すぐさま茶ゴケをついばんでいる。ミナミも生え始めのコケが好きなのか、糸状に伸びている茶ゴケにはまったく反応しない。ある程度生えたてを食い尽くすと、糸状のやつも食ってくれるのかなぁ??

ヤマトヌマエビのほうがコケ取り能力はかなり高いだろうけど、全然根を張らないキューバパールを引っこ抜かれそうなんで、ミナミにお願いしている。
明日1日様子を見て、ミナミ軍団が元気ならバケツに居る第二部隊(およそ50匹)を全投入しようと思う。石巻貝も投入すべきかな。

2012年3月5日月曜日

注水!そして今までの経過。

もうすでに注水して2週間が経過しようとしているが、これまでの経緯を記しておく。


2012年2月19日
ついに水槽に水を入れる時が来た!
昨年の初夏に行動を起こして以来、やっとこの日が来た!
嫁さんのお父さんが、3男を見に来る朝に注水。わざわざこんな日にしなくて良いと思われるだろうが、居ても立ってもいられずの注水。
だって、注水してから水が出来上がるまで結構時間がかかると言われれば、早めに入れて水を回しときたい。

まずは流木にミクロソリウム・ボルビディス・ウィローモスを釣り糸で固定してゆく。比較的結びやすい箇所に適当に固定した。
そして、ソイルが締める程度に水を入れ、キューバパールとクリプトコリネを植栽してゆく。
クリプトは比較的サクサク植えられるが、キューバパールは気が遠くなるほど困難を極めた。物自体が細かい上に、ソイルの粒が大きいのでなかなか植えられない。結局、2パック分を植え終わるのに2時間を費やした。
途中で気づいたのだが、キューパパールはある程度水深があったほうが植えやすい。少し水を入れるだけで作業効率が格段にアップする。

ヘアーグラスはネットに丸められていた。ヘアーグラスボールという名前で売られている。バラして、一本一本植えようかとも思ったが、キューバパールに精神力を破壊されていたので、やめた。
あとはミズハコベ5本とテネルス2株はあっさり完了。
期の栄養過多防止に水草は大量に植えたほうが良いと聞くが、金銭的に水草をそんなに大人買いできない。
なので、以前から水上栽培していた佗び草ののびた奴を片っ端からハサミで切って、ソイルに差していった。水草の名前は不明。

それでも水槽内はガラガラ。レイアウト以前に、まずは増やすことからはじめなければいけないようだ。先は長いなぁ・・・。





注水して3日経過
アマゾニアは初期に大量のアンモニアを出すというので、毎日4分の1から3分の1の水換えをしている。できるときは朝晩2回。というのも奥のソイルを盛ったため、給排水パイプの都合上、2分の1も水位を下げられないため。
照明は正午~午後8時の8時間で、CO2は1秒間に3滴ほど。生体はまだ居ない。
流木のアクが出放題。水はアマゾン川のようなブラックウォーターに。立ち上げ初期の光の透過率を下げ、コケ対策になるという人もいるが、このまま水換えだけでは永久に透明にならな異様な気がしてきた。





注水して7日経過
うっすら茶苔が生えてきたのでミナミヌマエビを20匹ほど投入。
一夜明けて見たらバッタバッタと☆に・・・。
水質検査紙買ってきて測ってみると、、、

硝酸塩、亜硝酸塩の濃度がMAX!PH6.4以下。

最悪の環境。☆になったエビよ、すまない・・。元気な奴はタフだなぁ。

いろいろ調べてみると、亜硝酸塩、硝酸塩が出るということは、微生物がアンモニアを分解していることらしい。順序としては合っている。そしてこの段階でPHも下がるのだそうだ。順調?

昔40cm水槽に使っていたエーハイムの一番小さい外部フィルター(2211)にブラックホール(活性炭)を3パック放り込んで、水を回した。なので計2台の外部フィルターが回っている。





注水して10日経過
水質測定2回目した結果、やはりまだまだ亜硝酸塩、硝酸塩の値振り切っている。

頑張れバクテリア。こんな中でも元気なエビがいるのは驚き。新品のバイコム78と21があるので、入れてみようか・・・。でも亜硝酸塩、硝酸塩があるのでバクテリアは発生しているはず。今週いっぱい様子を見ようか・・・。

ブラックホールのお陰で水はかなり透明になった。それでも水換え時のバケツに汲んだ水槽の水を見ると、若干黄ばんでいる。アマゾニアも多少水を黄ばませると聞いたことがある。







注水して11日経過
コケがものすごい勢いで増えている。やばい!!崩壊の兆し。

「水質悪し→水草の活動が緩慢→光&CO2添加→コケ生える→水質悪いのでコケ取り部隊活動できず→コケ増える」

という負のループにハマっている。水換えで応急処置中だが根本的解決にはならず。バクテリアの増殖しか打開策はない。亜硝酸塩めっ!!!

たまりかねて、今BICOM78投入。少量の水換えはしたほうが良いのか?それともBICOM78を逃がさないように水換えは控えた方ご良いのか? ?
説明書には、
投入してもほとんどのバクテリアは水槽内を漂うため、水換えしたらその分バクテリアを投入せよと書いてある。
しかしこのバイコム78、水10Lに対して20mlも投入しなければならない。ちなみに110ml入りボトルが近所のショップで1480円もする。

無理!!

とりあえずバイコムのために、夜間はエアレーションをすることにした。意味があるのかどうかは不明だが、好気バクテリアは酸素が必要







注水して12日経過
まだ亜硝酸塩の値は高いが、コケの恐怖にたまりかねてオトシンクルスを3匹投入。いろいろ調べてみるとわりと初期の段階で入れている人がいるので、藁にもすがる思いで投入した。
投入後1時間ぐらいで水槽にも馴染んだのか、ゴリゴリコケをかじりだしてくれた。
この時点で、これほどたくましく思える魚はいない。頑張れオトシン!!
いっこうに亜硝酸塩の濃度が下がらないので、水道水さえ疑うような疑心暗鬼になってきた。もう何も信じられない。
しかし水道水は全く問題なかった。
我が家の水道水




注水して14日経過
少し亜硝酸塩低下??試験紙の色が若干?薄まったように見える。それでもまだまだ高い。エビは入れられない。コケが増えている。オトシンの数を増やすか・・・・?

亜硝酸塩の濃度をなんとか薄めたい一心で毎日4分の1程度の換水はしている。前に入れたバイコムはもうほとんど無くなっていると思われるので、バイコムのBafi(バフィー)というバクテリアを吸着して濾過槽の中に固定できるろ材と、バイコム78を買ってきた。

Bafiは設置10時間で、水槽内のバクテリアの99.9997%を吸着するらしい。ホントに!?
これがホントだとして、僕が目論んだのは、、、


まず水を4分の1程度換水して、Bafiを外部フィルター内に設置。
その後バイコム78を投入して、10時間待ちフィルター内のBafiに吸着させる。そうすれば水槽内にバクテリアはほとんどいなくなり、換水してもバクテリアの漏洩は防げるため、心置きなく換水できるという図式。
亜硝酸塩濃度を物理的に換水で減らし、それを繰り返す内にフィルター内のバクテリアに増殖してもらって亜硝酸塩を分解していただく。もちろん大量の換水はバクテリアを殺してしまうので、まぁ1日4分の1程度に止めようとは思う。
これで少なくとも再び高価なバイコム78を購入しなくて済むはずだ。

いろいろ対策を考えたが、もうコレに頼るしかない。頼むわ。


ちなみにバイコムの実験によると、バクテリアを投入して10時間後のろ材の吸着率は・・


バイコム Bafi 99.9997%
多孔性セルロース 14.63%
活性炭 0.097%
セラミック 0.068%
円形網状マット 0.00003%


バフィーすげぇー!!というか今まで普通に使ってきたろ材たちの吸着率が低すぎ。
まぁ投入10時間という驚異的に短い時間なので、それも納得できるが、それにしても・・・。


多孔性セルロースでさえもBafi並に吸着するには3日ほどかかる計算になる。

2012年3月4日日曜日

続・新水槽立ち上げ!!

石と流木のレイアウトがだいたい固まったので、水草を選ぶ作業に入った。
管理が楽なように陰性の水草をメインで行きたい。

ミクロソリウム・クリプトコリネ・ウィローモスがメイン。前景には陰性という趣旨からはずれるが、一度やってみたかったキューバパールを植えることにした。
岩とそいるの境目に、ヘアーグラス・テネルス・オーストラリアンノチドメを計画。

地元のショップを数件見て回ったが、残念ながら状態の良い水草が見つからなかったので、困った時のチャームさんに発注です。

その間にライトの設置を考える。
改造グリーングロー604は水槽にベタ置きだと夏場の温度上昇に耐えられそうもないし、メンテの時にいちいち下に下ろすのも面倒臭い。理想は吊り下げ式で、位置を調整できるようにしたい。

それで考えたのが、コレ。といっても偉大な先人たちの真似です。

ステンレスパイプを加工して水槽台に取り付けた。ホームセンターで全て揃うし、材料費は全部で4000円ほどと比較的リーズナブル?
後ろにうっすら写っているのは透明ビニールパイプは、巻きぐせを伸ばすために吊っている最中です。今回はエーハイムの緑色のパイプじゃなくてこいつで行こうと思っています。
絵を飾ったりする時に使うアレです。ステンレスワイヤーを適当な長さに切って、この調整金具を通すだけ。ワイヤーが通っている上部の突起を押し込むとロックが外れ、高さを調整できます。ステンレスワイヤーの切り口からワイヤーが解けるといやなので、以前自転車のブレーキ交換時に買っておいたワイヤーカバーをハメてベンチで潰しました。
ワイヤー4本で吊り下げることも考えましたが、コストが高くなるのでなんとか2本で吊れないか考えた結果、針金ハンガー(クリーニング出した時についてくるやつ)を切って曲げて大きなフックを作りました。多少大雑把に作ってもなんとなく水平に吊れました。もともと家に転がっていたのでコストは無料です。なかなかうまくいきました。黒を使いましたがいろんな色があるので、ワンポイントで色を変えても面白いかも。
これで、メンテ時はライトを上へあげておいて、普段は水槽に近づけて使用できる。見た目は悪いと思われるかもしれないが、個人的には気に入っている。

後は水槽台の下に収まる、外部フィルターとCO2供給システムを組んで、水草の到着を待ちます。

2012年3月3日土曜日

新水槽立ち上げ!!

さて、昨年の初夏頃から計画していた新水槽をついに立ち上げました!!
当初のコンセプトはコストが安く維持しやすいエビ魚混泳水槽。
でも今はビーシュリンプを少し諦め気味。

まぁとりあえず生体のことはその時考えることにして、とにかく今は水を張ることに専念します。

ちなみに水草水槽は過去に何度か試みたことがありますが、どれも行き当たりばったりの中途半端なもので、とても水草水槽とは呼べないものでした。
今回はわりとちゃんとしたい(今はそう思っている)ので、お金のかからない範囲でそこそここだわって行こうと思います。
ですので、今回初チャレンジするものが目白押し!
そういう意味ではド素人ですので、そこらへん大目に見てください。



さてまず、自作の水槽台の上に水槽用スポンジマット(ADA)をひき、ADAキューブガーデン(60×30×36)を置きました。去年の夏に、、、、。


そして今回、水槽の最下層には水槽保護のためのスポンジを敷きました。
正直無くても良かったと思います。気休めです。 
水槽下のスポンジマットの周辺が茶色なのは、空の水槽をここに置いて数カ月経過したための日焼けです。


そしてスポンジの上には予定通り人工芝を敷きました。(GRASSY AQUAさんを参考にさせていただきました)

ホームセンターに行くと、よく見かける緑色のものと、この茶色のものがあったので、ソイルも茶色だし目立たないかもという理由で茶色を購入。水槽にあわせてハサミでカットしました。この人工芝で酸欠になりがちな最下層の通水性を高められればと思っています。



で、
初ペナックWとバクター100です。(byADA)
これらの効果についてはいまいち分からないですが、綺麗な水槽を立ち上げている方々を見ると、結構使われている気がします。
値段が見た目に反して高いので、購入の踏ん切りがなかなかつきませんでしたが、近くのペットショップに在庫があったので勢いで購入しました。
どちらも水槽の立ち上げ時に使用するものですが、今回の立ち上げで使用した量はどちらも全体の5%ほど。毎年1個水槽を立ち上げたとしても19年持つ計算です。そう考えると安いかも。


そしてこれも数年前に購入していて倉庫に眠っていたADAのアマゾニアを投入。消費期限とかあるのかぁ・・・。見た目にカビとか生えてなかったので入れてしまいました。

そこに今回チャームさんで購入した深山石スモールサイズを数個と、こちらもずいぶん前にオークションで格安で落札しておいた流木2個を並べてみました。
だんだんワクワクしてきた。
右の流木は、置いてみていらないところをノコギリでカットという工程を数回繰り返しました。おかげで届いた時の半分ほどの大きさになってしまいました。左の流木は購入した時のままです。根本の切れている枝がもう少し残っていれば最高なのになぁ・・・。
まぁ今回はこのレイアウトで行こうと思います。
なんだかんだでここまでで1日費やしました。レイアウトムズい。

ちなみに今回は流木のアク抜き作業はしておりません。このまま注水しようと思ってます。
換水とブラックホール(活性炭)に期待しまくっている無精者です。