2009年7月29日水曜日

夢の魔力

久々に感心する夢を見てしまった。

場所は中国や台湾の風景でよく見るような屋台が連なった屋台村のような飲み屋。
客でごった返し、店員も注文を取ったり飲み物を運んだりで、大忙し。
そんな屋台に、多分うちの会社のメンバーで飲みに行っている設定。(一人は確実に会社の先輩だが、他のメンバーはおぼろげ)
 その確実に先輩な方は、会社の中では比較的硬派で男気あふれるお方。
お酒もほどよく入って気分がよくなった先輩は、より男気を強く、熱くなりはじめます。大きなボトルを注文し、それを片手になにやら仕事の愚痴を大きな声で語り始めております。
それを見て少し引き気味の周囲。
まぁよく見る光景。(実際にはその先輩、酒癖はそれほど悪くないほうだと思います)

僕の心の声:「あ~ちょっと周りが引いてるなぁ、、、どうしよう、、、。先輩の男気について行くべきか、それとも周りを気遣って先輩をなだめるべきか、、、。」
と思った矢先、忙しそうに駆け回る店長と思われる店員さんに向かって先輩が声をかけます。

先輩:お、大将~!! オレのおごりだ~っ!
とボトルを差し出す。
僕の心の声:「ああ~まずいぞ。店員に絡み始めた、、、。ん? でもこういう場合どういう対応を大将は取るんだろう、、、?」

ここで僕の予想した大将のとる行動は2パターン。
「いや~ごめんよ~ちょっと忙しいから、後でな」とか適当な理由を言って断る。
「おう!ありがとな!」と言ってぐぐっと酒を飲み干す。

僕の引き出しはこの2つ。(少なっ!)
他にどんな対応があるかなぁ、、、?まぁ、これが僕の発想の限界です。

ここで念のため、※これはワタクシの夢の中でのお話。

大将の取った行動は、、。
大将:「おう!ありがとな!」と一言。
ですよね~。やっぱりお客さんを無下にはできんかぁ。パターン②が正解やね。
と思った瞬間、大将は僕の予想を超えた行動を取りました。
なんと慣れた感じで、頭から酒をかぶったんです。いつもそうしてます。みたいな感じで。

僕の心の声:「ええ~っ!そんなパターンがあったのか、、、。」
それをみて先輩はさらにヒートアップ!
先輩:「おお~っ!大将ありがとう~。じゃぁオレも一杯!」と同じように酒をかぶります。
こうなったらもう止められません。

とここで目が覚める。

夢って自分の限界を超えれるんですね。
大将の取った行動は、間違いなく僕の引き出しにはない行動。
それが自分の意識の中で作り出される夢の中で起こるって不思議。隠れた引き出しがあるのか?
しかも、大将の取った行動が一番よかったことに感心。
お客さんの要望にも応えた形になり、しかも自分は仕事を続けられる。

夢って不思議だなぁ~。
なんかいい事思いつかないかなぁ~。儲かるような、、、









2009年7月23日木曜日

ハマってます

最近ペンタブデビューした息子。
毎日、幾何学模様を作成中です。

2009年7月20日月曜日

骨に興味

珍しく連休なので、どこか行かねば!
生後3ヶ月の娘がいるうえ、この暑さ、行けるところは限られています。
嫁さんと協議の結果、お隣は徳島県へ。

渦潮でも見るか?」の一言で決まりました。子供もテンションあがりそう。。

3連休&夏休み&高速1000円ということでやや警戒してはいたものの、難なく鳴門北インターまで来ました。


大塚美術館を過ぎた辺りからなにやら怪しげな渋滞。
しばらく行くと、もう渦潮見れる所の駐車場まで車でビッシリです。 左の港からは、明らかに定員オーバーの観光船が出航して行きます。
あんな鮨詰め大丈夫なのか?真ん中のほうの人なんて渦潮どころか海すらみえないぞ、たぶん。

そんな壮絶な光景をまのあたりにして、「どうせ夏は渦にならんから」と真っ当っぽい言い訳を家族にしつつ、Uターン。徳島市方面へ。

こんな事もあろうかと、もう一箇所用意しておいたのさ。(素敵☆)


向かったのは、文化の森総合公園。
ここは字の如く、文化的施設が集まった公園なのです。美術館、博物館、図書館が一箇所に集まってます。一日楽しめますよ、きっと。

実は最近息子が恐竜に興味を持ち始めています。
以前取材でこちらに伺った時に、ティラノサウルスの骨格模型(レプリカ)があったのを思い出したからというのもココに来た理由です。

Tシャツに絵を描くのが好きな嫁さんに、以前息子は恐竜の絵をねだっていました。
証拠写真:ピンク色の恐竜


満を持してこのTシャツを着ての、初博物館入場です。

うぁ~。大きいぃ~。
と期待通りのリアクション。この博物館は、骨格標本ゾーンではフラッシュ撮影OKで、それ以外の展示ゾーンもフラッシュ炊かなければOKなんだそうです。寛容だ。

でも


若干、ビビってます。(これ以上後ろへは行きたがりません。)

このTシャツ(自作)に、この場所。
マニアックな子に見えただろうなぁ~きっと。

SLへの興味も、未だ衰えず。

2009年7月12日日曜日

ガンダム、大地に立つ



先日、出張で東京へ行ってきました。

だったら、行くでしょう!お台場へ!!



夢の1/1スケールです。

デカい! カッコイイ!



残念ながら、イベント準備中で音響やら照明のセッティング中でしたが、近くで見ることができてホントよかった。


帰って息子に見せたら、かなり尊敬されました。

「乗った!? お父さん乗ったの!? アムロ!?」

と、彼の妄想はとどまるところを知りません。

そして、「ん~まぁ~。」と曖昧な返事を返しておきました。(このガンダムに乗ることは出来ません)

2009年7月7日火曜日

息子、大地に立つ

先日、息子(3歳)がついにガンダムデビューしました。
棚に置いてあったハロに興味を持ったので、なにげにDVDを見せたら

食いつきました。

クリスマスはサンタにガンダムのおもちゃ頼むんだって。
よしよし、これで嫁さんに気兼ねなく、ガンダムに浸れます。

息子よ、お台場のガンダム見に行くか?

2009年7月6日月曜日

疲れた・・・

先日開催した、4月に結婚した会社の同期の結婚パーティー。
社内に現存する同期は、自分を含めて3人。
ここ数年、うちの会社ではかなりの率で、結婚した者の同期がこういった催しを行う。
いつから始まったか分からないが、一応映像を扱う会社なのでその催しには必ずといってよいくらい、同期が作るおめでとうVTRが上映されるのである。

今回結婚した同期は、3人の中でも一番コツコツ行くタイプで、速めに計画・実行する人である。(たぶん)しかし、それとは正反対にワタクシを含めた2人は、いわゆる「ケツに火がつかないと動けない」タイプ。
 なので、結婚からちょうど3ヶ月目のパーティー。どう考えてもタイミングをはずしてしまっている。
 結婚してすぐに、遅くとも1ヶ月以内が正しいタイミングではないだろうか?

 周りに「いつするの?」と聞かれる頻度が多くなり、ふとした心の隙間に「はやく開催しなければ・・・」という責任意識というものが芽生え、やっと重い腰を上げた次第、、、。(遅いわ)

 パーティーの日にちを決め、会場を押さえ、出欠を取り、VTRを作り、当日の段取りを決める。というのが、重い腰2人の課題。

結果からいうと、VTRがDVDに焼きあがったのが、パーティー当日のパーティー開始10分前
前日の夜11時くらいに、やっと撮影が終了。パソコンにデータを読み込み終えたのが3時。
睡魔に一人、また一人と飲み込まれていきます。
みんなそれぞれ担当物件を持っているので、間にマジ仕事をしながらです。常に時間に追われている感覚がします。

でも、多分こうなることは薄々分かっていた重い腰の2人。
ほぼ一人制作会社(なんでもできる)と化している先輩に協力を仰いでおいてよかった。
そしてこの強力な助っ人、仕事もそうですが実にうまいことやります。感謝感激です。(納期の近い物件を山のように抱えているのに、、、。)


では朝方睡魔に飲み込まれなければ、もっと早くあがっていたのか?



たぶん、ずっと起きてても結果は同じだったはず。だらけるから・・・。

 
 まぁ、こんな状態なので当日の段取りなんて、有って無いようなもの。
会場が知り合いのお店だったから無理をいえたようなもので、打ち合わせなしのぶっつけ本番といった感じ。
2次会は結婚した本人と奥さんも交えてこれまた知り合いの店に。さすがに深夜2時にもなると再び睡魔が襲ってきて、早々に解散となりましたが、まぁこれで責任は果たせたかと思っております。

そして泥のように就寝。



次の日。
子供はそんな事情は、知ったこちゃねぇ~とばかりに襲い掛かってきます。
強制的に7時起床。

あ~眠い。
 

2009年7月3日金曜日

ムフフッ、、、2

ユニクロカレンダーが気になる。
(右に出ているやつです。クリックするとデカくなるよ。)

この動画面白いなぁ~。
実物なんだけど、ミニチュアの模型みたいに見える。
シフトレンズとかアオリレンズって呼ばれているレンズで写すとこうなるんだけど、自分でも撮ってみたい衝動に駆られているわけです。

じゃぁレンズ買って写しゃいいんですけど、
このレンズ、びっくりするほどお高いんです。値段が、、、。

このレンズ、ボディと接合された状態でレンズだけをずらすことができるというもの。
レンズ自体は他の普通のレンズとほぼ一緒なはずだと思われる。(違うかもしれないけど、、、。)
じゃぁ、レンズだけ動くようにすれば同じ効果が得られるのでは?

いろいろ調べてみると、、、。


ムフフっ・・・作れるかも。

ただ今、ヤフオクで材料調達中。
嫁さん、またいろいろ怪しいジャンクパーツがどんどん届くと思われるが、静かに見守ってやってくださいな。(年に何回か、怪しいパーツが我が家には届くのです)

構造的には、レンズ面とCCDの面が平行でなくなれば、たぶんいいんだと思われる。
どの方向にどのくらい動かせば、あんな画像になるのかよく分からんけど、、。
まぁその辺は作りながら考えるとして、なんとか形にしたいと思う。
できるのかなぁ、、、。