2009年2月18日水曜日

調整完了

昨日、ギターが戻ってきました。早!!
1週間程度いただきます。って言われてたのでのんきにしてたらもう帰っていました。届いてすぐに調整してくれてそのまま発送していただいたんだと思います。

早速弾くいてみましたが、すばらしい調整です。
弦高も12Fで6弦側が2.2mm1弦側が1.8mm
もうこれ以上は下げられないでしょう。いや~すごい弾きやすい。下げたせいもあるんでしょうが、弦のテンションもかなり柔らかくなって指に優しくなりました。これならミディアムゲージでも行けそうな感じがします。(しないけど)少し音量は下がったのかなぁ、、、?程度です。ナットもサドルも点接点で、きらきらした音。
今回一緒に送って張ってもらった弦は、マーチンSPのライトゲージ。初めて張ったんですが、この弦プレーン弦が金色なんですね。ゴージャス。
弦はいろいろ模索中ですが、やっぱりダダリオのEJ16は優秀だなぁと思ったりします。
次はマーチンFXを試してみたい。

調整で変わることは分かっていましたが、実際変わると感動ですね。
自分で調整したりもしましたが、やっぱりプロの方にお願いすると違います。自分でもこれくらいできたらなぁ~、、。
ちなみに今回お願いしたお店は、有名な愛知県のStudioMさん。ギターへの愛情がこちらにも伝わってくるようなお店です。

2009年2月16日月曜日

初調整

先日ギターを初めて調整に出しました。
輸入ギターなので、日本にやってくると確実に木が動くんだそうです。
購入して1年未満なら無料で調整してくれるというとても親切なお店なので、ちょっと遠いけど調整してもらうことにしました。送料が3480円もした、、。

特に気になる箇所はなかったんですが、昨日電話がかかってきて少しネックが逆反りしていることを告げられ、ネックの補正と調整後の弦高の確認をしました。
ついでなので、今回弦高をお店の標準よりも少し下げてもらうことにしました。
弦高を下げると音量は下がり、強く引くとビビる危険性はありますが確実に弾きやすくなります。
うまい人の中には、少し弦高を上げてギターの鳴りを出す人もいますが、僕はそんなにうまく弾けないので下げてもらいました。

最近思うのが、楽器の音が良くても弾けなかったら意味がないなぁと。
マーチンが音が良いとか、ギブソンが渋い音がするとかよりも、まず弾けないと。
だから、うまくなるまでは音の良さよりも弾きやすさを取るほうがいいと思います。両方良いのがベストですけど、予算の問題もあるのでどちらかを取るなら弾きやすさです。


今回調整に出したギターは音も結構気に入ってますが、まずは満足に弾けるようにならないとです。
子供が帰ってくるまでに、練習練習。

2009年2月13日金曜日

共感記録

今日はこれを見ると決めてテレビを見ることはあまりない。新聞のラテ欄もみない。
何気なくテレビをつけて、面白そうだったらみる程度。

先日ふいにつけたテレビで、なんとなく見始めて結局最後まで見てしまったのが、
感動!北の大自然スペシャル 森のラブレター
環境に関する特番です。


その中で共感したことの記録
富良野自然塾の倉本聰さんが話していた、「ハチドリの一滴」というお話。
有名なお話らしいですが、恥ずかしながら知りませんでした。


森が燃えていました
森の生きものたちは われ先にと 逃げて いきました
でもクリキンディという名の
ハチドリだけは いったりきたり
口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます
動物たちがそれを見て
「そんなことをして いったい何になるんだ」
といって笑います
クリキンディはこう答えました

「私は、私にできることをしているだけ」



とても短いお話ですが、ここにすべてが詰まっていると思います。

倉本さん談:
人間は、5m歩けばテレビのチャンネルを帰られるのに、リモコンを発明した。
便利なものができると、人はどんどん動かなくなって筋肉が衰えてくる。
そしたら、ジムに通って何の生産性もない重りを上げ下げする運動をしたり、どこにも行き着くことのない自転車を漕ぐ。
人間という生き物は、とても欲深い生き物なのです。

なるほどなぁ。ほんとにそうだとおもう。

天秤を使った、説明もとても説得力のあるもので分かりやすかった。
人間が生きるためには、食料が必要。そして現代の人間は石油をはじめとする資源を消費する。
(天秤の片方が食料や資源が乗っている。もう片方にはそれを消費する人間が乗っている。)
過去を基準として、食料、資源と人間のバランスが保たれていたと仮定する。
天秤でつりあっている状態。

時代が進むにつれ、人は欲深くなりより多くの食料や資源を消費する人たちが出てくる。
すると天秤は人間が乗っている方に傾く。
そしたらバランスを取ろうとして、より多くの食料や資源をもう一方の天秤に載せる。

しかし食料や資源は限りがあるので、やがてバランスが取れなくなる。
そうすればより多く消費する人はあまり消費しない人を押しのけて、バランスを取ろうとする。
これが、戦争や貧困の問題だ。先進国と発展途上国の関係にも似ている。

厄介なのはその仕組みを自分をはじめ、ほとんどの人間があまり意識していないことだと思う。

自分が生まれたときは、すでにいろいろな便利なものがあってそれを使うことが普通だった。
さらにその子供の世代は、もっと便利なものがある世の中。
つまりどんどん消費する人間に世代交代していくのです。

地球を救うには、これと逆の人たちを増やさなければならない。

ほんとによく分かる説明だった。


つまりはハチドリにならなければいけないということ。
一滴でもいいからはじめてみようと思う。

2009年2月12日木曜日

リフレッシュ

家のデスクトップPCを再インストールしました。
なかなかやろうと思っても、大変な作業なのでそのまま使ってました。
が、最近どうも動作が重いし、なんとなく調子が悪かったので思い切って休みの日に。

前日にバックアップ用に外付けハードディスクを買ってきて、朝7時から作業開始。
ハードディスクも安くなりましたね。640Gが一万円切ってました。
食事などを挟みながら、終わったのは夜8時。

おかげで、動作も軽快。調子も良くなりました。
やっぱりたまには再インストールしてやるのが良いですね。
大変ですが、する価値はありました。

BGMかけて、洗濯や片付けをしながらすると、一石二鳥でいいですよ。

2009年2月2日月曜日

NEXT

ニコラス・ケイジ主演の「NEXT」を観た。
自分に関係することに限り、2分間先の未来が見えるという能力をもっている男の話。

自分でかってに「ユージュアル・サスペクツ現象」と呼んでいるが、
久々に最後のほうで「えっ!そうだったの?」とつぶやいてしまった。

ユージュアルほどではないけど、プチユージュアルやの。
エンドロールもなかなか粋な演出です。
期待してなかっただけに、けっこう楽しめました。


スマイルBEST NEXT -ネクスト- スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2009-10-23)
売り上げランキング: 66141